年間600万人もの観光客が訪れる、長野市の善光寺。1000年以上の歴史を持つこの寺の周りには、何百年も前からいわゆる「門前町」が形成されてきました。江戸時代〜明治時代には善光寺町と外の町をつなぐ街道は大変な賑わいで、沢山の商店や問屋が軒を連ねたといいます。しかしその後、人の流れは街道筋から鉄道の駅を中心とした地域に、さらには中心市街地からそれを囲む郊外の地域へと移っていきました。
近年、門前町には空き家や空き地、それを利用したパーキングが増え、また住民の高齢化が進んでいます。私たちはこの町で生活する中で「みんなで楽しみながら暮らすことが、街に活気をもたらすんじゃないか」「空いている家に人が住んだら、街はもっと元気になるんじゃないか」との想いを持ちました。そうして始まったのが「長野・門前暮らしのすすめ」です。

善光寺の周辺には、大門町、東町、西町、岩石町、横町、新町…といった小さな町がひしめいています。それらを総称して「善光寺門前町」「善光寺八町」という言葉が古くから記録に残されていますが、その範囲は明確には決まっていません。私たちはこの活動において、善光寺を中心として半径800メートルほどの円に収まる場所、おおむね長野市の「第一地区」と「大字長野」と呼ばれている地域(約30ヶ町)を「門前町」と呼ぶことにしました。

昭和30年代には約1.7万人だったこの地区の人口は、平成22年には約6600人にまで減少しました。それに対して、戸数の減少はもっと緩やかであることから、一軒の家に住む人の数が少なくなっていることが伺えます。また、各町の区長(町長)さんへの聞き取りから、住民の高齢化が進んでおり、60歳以上の人が全体の7〜8割を占めるような町も少なくないことがわかりました。

人口が減り、少し寂しくなってしまったものの、まだまだ雰囲気のある街並みを残している長野の門前町。「長野・門前暮らしのすすめ」は、様々なイベントやワークショップ、そして空き家の調査や見学などによって、門前で暮らす人や訪れる人と一緒に門前町を楽しもう…というプロジェクトです。まちあるき、門前歳時記、門前暮らし相談所、門前で行う演劇、冊子・新聞の発行を中心に、門前町に暮らしながら、住民の目線で活動していきます。

※この事業は2009年度および2010年度に、ふるさとるさと雇用再生特別基金事業(長野県事業)として長野市立城山公民館から受託し、実施しました。
※2011年度以降は自主事業として継続中です。

スタッフ紹介

「長野・門前暮らしのすすめ」は、長野市西之門町で編集・出版、イベント制作、ギャラリー・喫茶を営む「ナノグラフィカ」が中心となって運営しています。
詳細を見る

ページ先頭へ